トップ > 中日新聞しずおか > 朝夕刊 > 記事

ここから本文

朝夕刊

浜松まつり 高校生がダンスで盛り上げ

◆浜松修学舎生ら 3日にステージ

オリジナルの振り付けで踊るダンス部員たち=浜松市中区で

写真

 五月三日に始まる浜松まつりで、高校生たちがダンスで新しい“花”を添えようと張り切っている。昨年始まったイベント「音楽フェス」のダンスステージに、浜松市外のダンス部が初めて出演。将来的にはさらに幅広く参加校を募り、まつりを熱く盛り上げる。

 「ワン、ツー、スリー、フォー…」「声合わせていこーう!」。浜松市中区の浜松修学舎高校。まつり本番に向け、ダンス部員十一人がオリジナルの振り付けを何度も繰り返し確認して息を乱し、汗を飛ばす。顧問の内田圭祐さん(36)によると「二時間の練習で完成できるのは五〜十秒程度」だ。

 同校は今回が初出演。音楽フェスの企画を担当する浜松商工会議所に誘われた。内田さんは「半世紀以上ある部の歴史の中でも(浜松まつりでのイベントは)最大の観客数。生徒たちの成長につながる」と確信する。三年生部長の川渕沙理奈さん(17)は「笑顔とダンスで街の皆さんを盛り上げたい」と声を弾ませた。

 同校と交流がある磐田北高(磐田市)、御殿場西高(御殿場市)の市外二校にも声をかけたところ、快諾してくれた。商議所では将来的に全国の高校へ呼び掛ける構想もあるという。

 フェスはまつり初日の五月三日、中区の鍛冶町通りに設置された三カ所のステージである。ダンスはザザシティ浜松中央館前。午後五時十分〜六時半。

(大城愛)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索