トップ > 中日新聞しずおか > 朝夕刊 > 記事

ここから本文

朝夕刊

磐田市前副市長を逮捕 予定価格漏えい容疑

◆市課長と落札業者も

公競売入札妨害の疑いで逮捕された前磐田市副市長の鈴木裕容疑者=1日午前7時、磐田市小立野で(坂本圭佑撮影)

写真

 磐田市が発注した複合施設の設備改修工事で、予定価格を事前に業者に漏らしたとして、県警捜査二課は一日、公競売入札妨害の疑いで、前磐田市副市長の鈴木裕(ゆたか)(63)=同市小立野、市都市整備課長の村松俊文(57)=同市和口=の両容疑者を逮捕した。また、同容疑で落札した設備工事会社「菱和設備」(静岡市葵区)の浜松支店長、西田昌也容疑者(54)=浜松市南区渡瀬町=も逮捕した。

 県警は二日午前、磐田市役所などを家宅捜索する。

 逮捕容疑では、二〇一七年十二月中旬にあった磐田市上新屋の複合施設「ひと・ほんの庭 にこっと」の空調設備の改修を巡り、同年十一月下旬ごろ、鈴木容疑者が村松容疑者から聞き出した予定価格を事前に西田容疑者に漏らし、入札を妨害したとされる。

 予定価格は八千九百四十万円で、入札した八社のうち菱和設備が八千七百万円で落札(落札率97・3%)した。県警は三人の認否を明らかにしていない。

 鈴木容疑者は一七年七月に副市長を退職。村松容疑者は「市建設事業審査委員会」の委員で、入札情報を事前に入手できる立場だった。

写真

 県警によると、鈴木、村松両容疑者は〇五年に磐田市と合併した旧豊田町役場の同僚で、当時から面識があった。西田容疑者は〇五年以降に鈴木容疑者と知り合った。

 鈴木容疑者は一九七八年に旧豊田町役場に入庁。磐田市と合併後は同市生活文化部長、健康福祉部長、企画財政部長などを歴任し、一一年四月に副市長に就任した。

 村松容疑者は八四年に旧豊田町役場に入庁し、一六年四月から磐田市都市整備課長を務める。

 渡部修市長は「市民に多大な迷惑を掛けて申し訳ない。事実関係を確認し、市民の信頼回復に職員一同全力で努めたい」とのコメントを出した。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索