トップ > 中日新聞しずおか > 朝夕刊 > 記事

ここから本文

朝夕刊

沼津の東海道線で男性はねられ死亡

 十二日午後一時十分ごろ、沼津市大塚のJR東海道線原踏切内で、男性が三島発富士着の下り普通列車にはねられ、死亡した。沼津署によると、事故当時、踏切の遮断機は下りていたといい、男性の身元などを調べている。

 JR東海によると、事故の影響で上下線計十三本が運休、五本に最大一時間半の遅れ、約二千七百三十人に影響した。

 また、同日午前十時ごろにも、東海道線東田子の浦(富士市中柏原新田)−原(沼津市原)間で貨物列車の運転士が異常音を感じ、安全確認を実施した。線路上の小石をひいたのが原因とみられる。

 同社によると、この影響で上下線六本が運休し、四本が最大二十五分遅れ、約千六百八十人に影響した。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索