トップ > 中日新聞しずおか > 朝夕刊 > 記事

ここから本文

朝夕刊

検証 スルガ銀不正融資(下) 雲上人と汚れ役

◆現場の情報を断絶

会見で一連の不正融資問題を謝罪するスルガ銀行の有国三知男社長。岡野光喜元会長の姿はなかった=沼津市内で

写真

 「会うことができるのは年二回の(営業成績の)表彰式だけ。業界の異端児と呼ばれるだけあってカリスマ性があった」。スルガ銀行(沼津市)の元従業員の女性は、岡野光喜元会長(73)の威光をこう表現する。

 岡野元会長と、二〇一六年七月に急逝した喜之助元副社長の兄弟は、スルガ銀の創業者のひ孫に当たる。元会長が五代目頭取に就いた一九八五年以降、三十年余りにわたって二人三脚で経営を支配し、近年は「近寄りがたい存在になっていた」(社外取締役)。

 外部弁護士の第三者委員会が「組織的」と断じたシェアハウスなどの投資用不動産を巡る不正融資で、兄弟が直接、審査書類の改ざんなどを指示した形跡は見つからなかった。

 一連の不正を巡る重要人物に挙げられたのは、元専務執行役員の麻生治雄氏だ。ほぼ毎年、猫の目のように組織の機構や肩書が変わる中、一貫して営業現場を指揮する立場にあった。

 「否決するなら、おまえが案件をとってこい」。第三者委の報告書には、融資の書類に不審を抱く審査担当者を麻生氏がどう喝し、無理やり承認させていたとする行員の証言が多数記されている。人事にも介入して審査部門を機能不全にした結果、二〇一四年度下半期以降の投資用不動産ローンの承認率は99%を超えた。

 営業のトップとはいえ、専務執行役員は取締役ではなく、立場上は一従業員でしかない。それがなぜわが物顔に振る舞えたのか。麻生氏には、一五年四月に与えられたCo−COO(共同最高執行責任者)という別の顔があった。

 報告書によると、麻生氏に営業の責任者の地位を与えたかったCOOの喜之助元副社長の意向とされる。スルガ銀の規程では何の権限もない地位だが、通常は社長級と認識される肩書を得て、麻生氏の発言力は一段と増したという。

 元副社長は麻生氏に現場の指揮を執らせ、営業数字を上げるよう厳しく要求した。問題のある業者との取引を禁じるなど「麻生氏の歯止めにもなっていた」という証言もあるが、増長させた面は否定できず、死去後の暴走へとつながった。

 一方、高収益の立役者でありながら、岡野兄弟は麻生氏を経営陣に加える気はなかったとされる。営業トップには従来、押しの強い人物が起用されてきたが、兄弟は業務を「執行」する人材と「監督」する取締役を区別していたという。

 第三者委の中村直人委員長はこの構図を「雲の上にいる経営層が現場の専務執行役員に社長のような服を着せていた。(麻生氏は)分隊長のように暴れ回る立場だった」と表現。麻生氏を汚れ役に仕立て、兄弟は不都合な情報が耳に入らない安全地帯にいた−という見立てで、兄弟の経営責任が最も重いと認定した。

 報告を受けてスルガ銀が沼津市内で七日開いた会見に岡野元会長の姿はなかった。同日付で就任した有国三知男社長(52)は「新しいスルガ銀をつくる」と語ったが、営業の暴走の裏に兄弟の「暗黙の了解」をかぎ取った行員はこれまで声を上げなかった。退任後も約15%の株式を持ち続ける岡野家の影を払いのけられるか。自浄能力が問われる。

(伊東浩一、佐久間博康が担当しました)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索