トップ > 中日新聞しずおか > 茶況・茶ばなし > 記事一覧 > 2020年の記事一覧 > 記事

ここから本文

茶況・茶ばなし

《茶況》 茶栽培面積、減少続く

 農林水産省によると、2019年の県の茶栽培面積は18年比600ヘクタール減の1万5900ヘクタールだった。1988年の2万3300ヘクタールをピークに毎年200ヘクタールほどずつ減り続け、18年から減少幅が600ヘクタールと増えた。

 面積2位の鹿児島県は18年比10ヘクタール減の8400ヘクタール。全国の合計は900ヘクタール減の4万600ヘクタールだった。

(松本利幸)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索