トップ > 中日新聞しずおか > 茶況・茶ばなし > 記事一覧 > 2019年の記事一覧 > 記事

ここから本文

茶況・茶ばなし

《茶況》 茶工場の経営分析、JA技術員が学ぶ

茶工場の経営分析方法を実習する茶技術員ら=静岡市駿河区で

写真

 県JA茶技術員の研修会が18日、静岡市駿河区の県農業会館であった。約50人がJA静岡中央会の松永康弘さんの指導で、茶工場の経営分析方法を学んだ。事業報告書の分析では、10アール当たりの収支を明らかにすることを要点に挙げた。

 損益計算書の分析では、減価償却費などの固定費と生葉代金などの変動費の売り上げに占める割合をつかむよう促した。参加者らは持ち寄った損益計算書を使い実習した。参加したJA大井川の川畑賢太郎さん(21)は「工場の経営の仕組みが分かった」と話した。

(松本利幸)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索