トップ > 中日新聞しずおか > 茶況・茶ばなし > 記事一覧 > 2019年の記事一覧 > 記事

ここから本文

茶況・茶ばなし

一番茶の出来栄え競う 本山茶品評会

香りを採点する審査員ら=静岡市葵区の静岡茶市場で

写真

 JA静岡市の本山(ほんやま)茶品評会が十二日、静岡市葵区の静岡茶市場であった。葵区、駿河区の共同工場や個人農家から一番茶五十三点が出品され、味や香りなどを競った。最高位の優等は足久保山彦会が獲得した。

 審査長の県茶業研究センター・渥美和彦上席研究員は「上位は細くよれ、新鮮な香りがあった」と講評した。

(松本利幸)

 ほかの上位入賞の皆さん。

 1等 内野不二夫▽2等 サランティーしづはた、勝山寿夫、内野忠一、小林嘉雄2点

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索