トップ > 中日新聞しずおか > 茶況・茶ばなし > 記事一覧 > 2019年の記事一覧 > 記事

ここから本文

茶況・茶ばなし

県産茶、浜松のホテルで宿泊客に提供

◆料理などにも採用

料理メニューに取り入れた「すすり茶」と「お茶プリン」=浜松市中区のグランドホテル浜松で

写真

 浜松市中区のグランドホテル浜松は宿泊客にフロントでティーバッグ入りの県産上級茶を手渡し、部屋で楽しんでもらうなど、サービスを強化した。お茶を使った料理や土産品も作り、県茶業会議所がおいしいお茶が飲める場所として認定する「静岡茶屋」にホテルでは初めて指定された。

 料理は、グラスに入れた茶葉に氷をのせ、溶け出たうま味を楽しむ「すすり茶」や「お茶プリン」を、観光バス向け昼食プラン(税別三千円)に採用した。

 土産品は森町の茶専門店三社と連携し、かぶせ茶と和紅茶、ほうじ茶の三種類のティーバッグセット(税込み五百四十円)を売店で販売する。

 新サービスは三カ月間試行し、改善を図る。グランドホテル浜松の前田幸範浜松事業所長は「観光客向けのお茶の詰め放題なども企画したい。茶業者の提案を生かしたい」と話す。

(松本利幸)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索