トップ > 中日新聞しずおか > 茶況・茶ばなし > 記事一覧 > 2019年の記事一覧 > 記事

ここから本文

茶況・茶ばなし

《茶況》 県産一番茶は下落傾向

 日本茶業中央会がまとめた都府県別の一番茶価格の推移(1キロ当たり、14〜18年の5年間)によると、県は2361円から1946円(18%安)、鹿児島県は2042円から1752円(14%安)と下落傾向なのに対して、京都府は2943円から3347円(14%高)に上昇している。

 JA全農京都茶市場によると、京都は煎茶からてん茶への転換で煎茶生産量が減り、需給バランスが取れていることが主因。

(松本利幸)

▽鹿児島県茶市場(番茶8万8522キロ。キロ・円)

平均    265

高値安値  395    177

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索