トップ > 中日新聞しずおか > 茶況・茶ばなし > 記事一覧 > 2019年の記事一覧 > 記事

ここから本文

茶況・茶ばなし

《茶況》 静岡茶品評会の入札会 売り上げ1900万円

茶商の積極さが目立った鶴亀品評会の入札会=静岡市葵区の静岡茶市場で

写真

 第55回静岡茶品評会(通称・鶴亀品評会)の入札会が16日、静岡市葵区の静岡茶市場であった。鶴印の部(1キロ当たり4000円の煎茶)は51点が落札され、落札率は前年比22ポイント増の65%。亀印の部(同2000円の煎茶)は33点で、13ポイント増の66%。売り上げは前年比473万円増の1911万円だった。

 三重大製茶(掛川市)の渡辺貴広社長(48)は「お買い得感のある販売会で、年末に向けて良品を仕入れた」と話した。

(松本利幸)

▽鹿児島県茶市場(番茶18万2385キロ。キロ・円)

平均    266

高値安値  339    185

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索