トップ > 中日新聞しずおか > 茶況・茶ばなし > 記事一覧 > 2019年の記事一覧 > 記事

ここから本文

茶況・茶ばなし

《茶況》 晩茶作り参加募集 3日、袋井で

 茶農家や茶商でつくる「晩茶研究会」が3日午前7時〜正午、袋井市岡崎の茶ピアで発酵晩茶を作る。茶葉を釜でゆでて、煮汁とともにたるに漬け込む。乳酸発酵させて後日、天日で乾燥する。

 昔から各地で作られ、飲み継がれてきた晩茶は、大きく育てた葉を使う点が共通しているが、枝ごと煮たり、葉を漬け込んだりと製法は多様だ。研究会は、晩茶について学んで茶業を見つめ直そうと、茶研究者の松下智さんを会長に5人で3月に発足した。

 当日は5人まで参加でき、無料。申し込みはメールで「yabukita@gmail.com」か、「晩茶研究会」のフェイスブックからメッセージを送る。

(松本利幸)

▽鹿児島県茶市場(煎茶4万3988キロ。キロ・円)

平均    355

高値安値  745    256

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索