トップ > 中日新聞しずおか > 茶況・茶ばなし > 記事一覧 > 2019年の記事一覧 > 記事

ここから本文

茶況・茶ばなし

《茶況》 磐田や静岡から新茶3700キロが入荷

 静岡市葵区の茶問屋街の静岡茶市場には23日、磐田、静岡などから静岡新茶3700キロが入荷。普通蒸し茶は1キロ当たり6000円台が堅調だった。初荷の手摘み茶を1万2000円で販売した茶工場「サランティーしづはた」の榎本秀一社長(71)は「まずまずのスタート」と話した。

 問屋街のあっせん所には、牧之原の勝間田、坂部や小笠、磐田などから入荷。手摘みは1万円以上もあった。はさみのやぶきた品種は6000円台から4000円台前半まで幅があった。

(松本利幸)

 袋井・森 JA森は取引がなかった。茶ピアでは22日、324キロ販売され、平均5820円だった。23日は677キロ、平均4447円となった。

 掛川・小笠 掛川茶市場は1211キロを上場。平均は5666円。JA遠州夢咲は10工場から入り、少量の持ち込みだった。

 島田・金谷・川根 JA金谷は4点、184キロの扱い。高値は手摘みのやぶきたで8000円。24日に稼働開始の工場が多い。

 牧之原 坂部の手摘み茶は21〜23日、静岡の茶問屋街で1万円以上で取引された。

 藤枝 JA藤枝は23日、初取引を迎えた。手摘み茶6キロが販売され、1万6000円だった。式典で北村正平藤枝市長は「お茶は基幹産業。茶産地を守っていく」とあいさつした。

▽静岡茶市場(県内煎茶3701キロ、県外煎茶1万4900キロ。キロ・円)

清 水 12500   4500

美 和 13500  12500

しづはた12000   5200

磐 田  6000   2800

   ◇

宮 崎  3200   1300

鹿児島  3800   1200

▽鹿児島県茶市場(煎茶19万4385キロ。キロ・円)

平均   1857

高値安値 8699    655

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索