トップ > 中日新聞しずおか > 茶況・茶ばなし > 記事一覧 > 2019年の記事一覧 > 記事

ここから本文

茶況・茶ばなし

《茶況》 鹿児島産新茶の販売始まる 静岡茶市場

手をたたいて商談の成立を告げる買い手(左)ら=静岡茶市場で

写真

 静岡市葵区の茶問屋街に20日、静岡新茶は磐田豊田、磐田、島田初倉、榛原、相良、御前崎、静岡長田などから入荷した。休みを入れながら製造する工場が目立つ。あっせん業者によると、全般的には色乗りがいまひとつで、生産が先行した鹿児島新茶と傾向が似ている。

 問屋街の静岡茶市場では、鹿児島のやぶきた、あさつゆ品種の販売が始まった。1キロ当たり4000〜3000円の値動き。ゆたかみどり品種は2000円台が多かった。

(松本利幸)

▽静岡茶市場(県内煎茶814キロ、県外煎茶1万5305キロ。キロ・円)

清 水  10000  6800

美 和  16000 15500

しづはた  8000−

   ◇

宮 崎   3600  2100

鹿児島   4500  1500

▽鹿児島県茶市場(煎茶20万3818キロ。キロ・円)

平均   2085

高値安値 8500    807

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索