トップ > 中日新聞しずおか > サッカーしずおか > 記事一覧 > 2020年の記事一覧 > 記事

ここから本文

サッカーしずおか

磐田・小川航 練習試合で今季チーム1号弾

写真

 J2磐田は29日、鹿児島市鴨池陸上競技場で、鹿屋体育大と練習試合(30分×5本)を行い、3−1で勝った。磐田の“今季第1号”はFW小川航基(22)=写真(左)=だった。

 東京五輪出場を目指す小川が先制点をマークした。開始3分。左サイドの藤川からのパスを受けた小川は振り向きざま、右足でゴールに流し込んだ。

 育成型期限付き移籍していたJ2水戸から今季復帰。21日から始まった鹿児島キャンプで、結果を残した。ただ、出場していた60分で、シュート6本を放ちながら1得点だったことは反省材料。小川は「得点を取れないことはFWの責任」と語った。フベロ監督(45)が小川に要求していることは「2トップを縦の関係にしろ」ということ。1年でのJ1復帰には小川の得点量産が欠かせない。

(川住貴)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索