トップ > 中日新聞しずおか > サッカーしずおか > 記事一覧 > 2020年の記事一覧 > 記事

ここから本文

サッカーしずおか

清水がキャンプ地入り 鹿児島で歓迎式

鹿児島キャンプの歓迎式で、あいさつをする清水のMF竹内涼選手(中央)=鹿児島市で

写真

 サッカーJ1の清水エスパルスは二十六日、キャンプ地の鹿児島市に入った。市内のホテルで開かれた歓迎式で、清水のMF竹内涼選手(28)=浜松市出身=は「シーズン終了後、皆さんに良い報告ができるように、キャンプで頑張りたい」とJ1での上位進出に照準を合わせた。

 式では、花束贈呈に続き鹿児島市観光交流局長が、「市民もプロのトップレベルのプレーを間近に見るチャンスとして、楽しみにしている。優勝争いに絡んでほしい」と激励。鹿児島市から、桜島大根や鹿児島産黒牛肉などが、選手に贈呈された。

 清水のピーター・クラモフスキー監督(41)=オーストラリア=は「市民の温かい歓迎を受けた。キャンプではハードワークして、実りあるものにしたい」と意欲を示した。

 清水の鹿児島キャンプはことしで十五回目。二十六日から二月四日まで、鹿児島市の鹿児島ふれあいスポーツランドで行われる。

(川住貴)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索