トップ > 中日新聞しずおか > サッカーしずおか > 記事一覧 > 2019年の記事一覧 > 記事

ここから本文

サッカーしずおか

リフティング披露 J磐田選手に歓声

写真

 サッカーJ1のジュビロ磐田のDF大井健太郎主将(35)とDF森下俊選手(33)が十三日、磐田市立磐田中部小学校を訪れ、児童と交流した=写真。磐田市内の小学校訪問は磐田市と同市教委、磐田選手会の共催で、二〇一〇年から続けられている。

 二選手は同小体育館で、一年から五年までの約二百人の児童の熱い出迎えを受けた。じゃんけん大会で会場が盛り上がった後、二人がリフティングを始めると、児童から歓声が上がっていた。児童の「失敗したらどうするか」との問いに二人は「失敗を恐れず、挑戦する気持ちが大切」などと答えていた。

 交流終了後、大井主将は「子どもたちから、パワーを頂いた。地域に愛されているチームとして磐田のJ1残留への強い気持ちがさらに増した」と話した。

(川住貴)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索