トップ > 中日新聞しずおか > サッカーしずおか > 記事一覧 > 2019年の記事一覧 > 記事

ここから本文

サッカーしずおか

清水 後半押し込まれ2失点

清水−広島 前半、厳しいマークでつぶされる清水・ドウグラス(左)

写真

 広島が後半の2ゴールで逆転勝ち。前半31分にFKで先制を許したが、その後は主導権を握り、後半9分に川辺のゴールで同点。同35分は柏のクロスからドウグラスが頭で決めて勝ち越した。清水は先制後は攻め手を欠いた。

 清水は2試合連続の逆転負けを喫した。前半31分、FKでドウグラスがジャンプした相手選手の下を通す技ありのシュートを沈め3戦連続ゴール。だが後半は広島に主導権を握られ、2失点した。

 篠田監督は「後半はボールに(プレッシャーに)いけなくなり、押し込まれる時間が長くなってしまった」と悔しがり、ドウグラスは「勝ち点1でも取りたかったけど残念」と話した。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索