トップ > 中日新聞しずおか > サッカーしずおか > 記事一覧 > 2019年の記事一覧 > 記事

ここから本文

サッカーしずおか

磐田監督「鳥栖戦、非常に大事な試合」

鳥栖戦に備えて調整する選手=磐田市で

写真

 サッカーJ1で残留を目指す最下位のジュビロ磐田が十九日、磐田市のヤマハスタジアムで、十六位のサガン鳥栖と二十九節を行う。磐田の残り試合は鳥栖戦を含めて六。磐田のフベロ監督は「非常に大事な試合なので勝ちたい」と意気込みを示している。

 磐田と鳥栖との勝ち点差は10。磐田が鳥栖に勝てば、勝ち点差は7となり、J1残留へ望みをつなぐことができる。しかも、鳥栖とのホーム戦績は五戦して、三勝二引き分けと負けなし。磐田は今季、ヤマハスタジアムでは十二節のベガルタ仙台戦で2−0と勝って以来、六戦して一引き分け五敗と、苦戦中だが、相性の良い鳥栖に勝って、浮上のきっかけをつかみたいところだ。

 チームは低迷していても、鳥栖戦の前売り券販売は十六日現在、約一万二千枚と、まずまずの状況。J1残留を願う大勢のサポーターの支えで、勝利を後押ししたい。フベロ監督は十一日の松本山雅FCとの練習試合に触れ、「45分ハーフの試合は失点をゼロに抑えることができた」と手応えを語っている。

(川住貴)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索