トップ > 中日新聞しずおか > サッカーしずおか > 記事一覧 > 2019年の記事一覧 > 記事

ここから本文

サッカーしずおか

清水 劇的逆転勝ち 横浜Mに3−2

◆西沢が決勝弾

清水−横浜M 後半終了間際、プロ初ゴールを決める清水・西沢(右)

写真

 明治安田J1第15節最終日は15日、IAIスタジアム日本平などで6試合があり、清水は横浜Mに3−2で逆転勝ちし、最下位を脱出した。

 清水が1−2の終了間際にカウンター2発で逆転した。後半44分に右からの折り返しをドウグラスが決め、直後には抜け出した西沢がゴール。横浜Mは後半36分に仲川の得点で勝ち越したが、退場者を出して反撃をしのげなかった。

 スタジアムが地鳴りのような歓声に包まれた。清水は後半44分、その2分後と流れるような速攻で2点をもぎ取り、ホームで劇的な逆転勝ち。左サイドを抜けだし殊勲の決勝弾をプロ初得点で飾った途中出場の西沢は「落ち着いて蹴れた。オレンジのユニホームが揺れていて感動した」と満面の笑みだった。

 前半はうまくプレスをかけられなかったが、後半から布陣を修正。2列目を3人から4人に増やし、球の出どころを抑えて何度も好機を迎えた。篠田監督は「前に推進力が出たし、奪ってから周りのスペースをうまく使えた。ギアが1個上がった」としてやったりの表情だった。

 残り10分を切ってから勝ち越される苦しい展開を乗り切った。後半にチーム1点目を決め、西沢と左サイドで好連係を見せた松原は「ここで勝ち点0と3ではかなり違った。無駄にしないよう、もう一回足元を見つめたい」と気の引き締めも忘れなかった。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索