トップ > 中日新聞しずおか > サッカーしずおか > 記事一覧 > 2019年の記事一覧 > 記事

ここから本文

サッカーしずおか

篠田監督 2試合目で初勝利

清水−仙台 後半44分、北川からのボールをヘディングシュートして勝ち越しゴールを決める清水・ドウグラス

写真

 諦めずに攻め続けた清水が、渇望していた白星で最下位を脱出した。4ゴールで打ち合いを制し、監督交代から2試合目で初勝利。

 決勝点のドウグラスは「厳しい試合だったが、みんなの力で勝利できた。全員の勝利だ」とまくし立てた。3−3の後半44分。右でボールを得た北川が中にちらりと視線を送る。近いサイドへの正確なクロスをドウグラスが頭で流し込み、ホームに歓喜をもたらした。

 篠田監督が「落ち着かない試合になった」と反省したように、守備陣は相変わらず不安定だった。2度のリードをふいにし、後半14分の3失点目でリーグ最多の失点数は30となった。だが、誰も下を向かなかったのがこれまでとの違いだ。

 新監督が求める「ハードワーク」というシンプルなキーワードで、選手たちに躍動感が戻ってきた。3得点に絡んだ北川は「少しずつ進み始めている。一喜一憂せず、上を目指したい」と言葉に力を込めた。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索