トップ > 中日新聞しずおか > サッカーしずおか > 記事一覧 > 2019年の記事一覧 > 記事

ここから本文

サッカーしずおか

初代表の清水・立田「結果持ち帰る」

意気込みを語る立田悠悟選手=静岡市清水区で

写真

 初のサッカー日本代表に選出されたJ1清水の立田悠悟選手(20)が二十四日、静岡市清水区のクラブハウスで会見し「結果と経験を持って帰ってきたい」と意気込んだ。

 立田選手は静岡市出身。清水ジュニアユース、ユースを経て二〇一七年にトップチームに昇格し、一八年にレギュラーに定着。一九一センチの長身を生かし、センターバック、サイドバックで活躍している。各年代の代表も経験し、来年の東京五輪でも主力として期待されている。「センターバックをやりたいが、柔軟にこだわりなくやりたい。将来は海外のチームに行きたいので、海外のスカウトにもアピールの場になる」と話した。

(瀬田貴嗣)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索