トップ > 中日新聞しずおか > サッカーしずおか > 記事一覧 > 2019年の記事一覧 > 記事

ここから本文

サッカーしずおか

エース封じで連勝へ 26日マリノス戦

横浜戦に備えて調整する磐田のDF大井健太郎選手=磐田市で

写真

 サッカーJ1のジュビロ磐田は二十三日、磐田市のヤマハ大久保グラウンドで、十三節の横浜F・マリノス戦(二十六日・横浜市日産スタジアム)に備えた調整を始めた。磐田は横浜のFWマルコスジュニオール選手(26)を封ずれば、今季初の二連勝のチャンスだ。

 同選手は今季6得点をマークして、J1得点ランキング四位につけている。身長一六七センチと小柄だが、抜群の瞬発力からダイレクトシュートが得意。相手DFの裏のスペースに走り込む動きに警戒したい。

 一方、磐田は最近の三試合で、総失点1と、守備が整備されてきた。けがのため戦列を離れていたDF大井健太郎選手(35)が十節の浦和レッズ戦から復帰、最終ラインをまとめている。大井選手はマルコスジュニオール選手について「早い段階で、相手のスピードを体感して、対処法を考えたい」と話した。

(川住貴)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索