トップ > 中日新聞しずおか > サッカーしずおか > 記事一覧 > 2019年の記事一覧 > 記事

ここから本文

サッカーしずおか

児童3200人の声援届いた J1磐田勝利

J1リーグ戦の磐田−仙台に招待され、勝利した選手らと歌う磐田市の小学生ら=ヤマハスタジアムで

写真

 磐田市内の全二十二小学校の五、六年生ら計約三千二百人が十八日、同市のヤマハスタジアムで行われたサッカーJ1リーグ・ジュビロ磐田−ベガルタ仙台戦で大声援を送った。

 地元クラブへの愛着を育んでもらおうと、市が二〇一一年から、一斉観戦事業として毎年催している。この日は曇り空、気温二三・五度とスポーツ観戦には最適の気候となり、バックスタンドに陣取った子どもたちが、チャンスとなるや、白いタオルマフラーを打ち振り、手拍子や声援で「ジュビロ磐田、ジュビロ磐田」と選手を鼓舞した。

 試合は磐田が前半に2点を先行。後半も仙台の追い上げをかわし、2−0で勝利したため、一斉観戦事業での戦績は六勝三敗となった。

 試合後、磐田の選手がバックスタンドに整列。子どもたちとともに勝利を分かち合った。追加点をマークしたFW中山仁斗(まさと)選手(27)は「(一斉観戦を受け)絶対に負けてはいけない試合だった」。好セーブを連発したGKカミンスキー選手(28)は「勝利で彼らを喜ばせたことで、僕たちも幸せな気分になった」と話した。

(川住貴)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索