トップ > 中日新聞しずおか > サッカーしずおか > 記事一覧 > 2018年の記事一覧 > 記事

ここから本文

サッカーしずおか

磐田 絶対残留 あすプレーオフ決定戦

◆応援ボード、当日配布

2008年シーズンの入れ替え戦で、「コレオボード」を掲げて応援する磐田サポーター=磐田市のヤマハスタジアムで

写真

 サッカーJ1残留を懸け、八日のJ2東京ヴェルディとのプレーオフ決定戦に臨むジュビロ磐田を後押しする応援グッズ「コレオボード」が完成した。決戦当日、磐田サポーター全員でボードを掲げてホームのヤマハスタジアム(磐田市)をサックスブルーに染め、瀬戸際に立つ選手たちを鼓舞する。

 ボードは、地元の商工会や体育協会などで構成するジュビロ磐田ホームタウン推進協議会が必勝を祈願して作成。A3サイズで、チームカラーのサックスブルーを基調に、十二番目の選手を意味するサポーターの背番号「12」が記されている。当日スタジアムで観客の九割に当たる一万四千枚を配布する。

 このボードが使われるのは、二〇〇八年シーズン以来二回目。〇八年の磐田もJ1下位に低迷し、J2ベガルタ仙台との入れ替え戦に臨んだ。この試合で初めてボードを使って応援し、J1残留を果たした。

 同協議会の担当者は「〇八年もサポーターとチームが一丸となって戦い、J1残留をたぐり寄せた。今回も絶対負けられない戦い」と気合十分だ。

 今シーズンの磐田は十三位で迎えたリーグ最終節の一日、引き分け以上でJ1残留が懸かった川崎フロンターレ戦に惜敗。結果、得失点差でJ2とのプレーオフ決定戦に回る十六位に転落した。

 プレーオフ決定戦は八日午後二時にキックオフ。チケットは完売している。

(夏目貴史)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索