トップ > 中日新聞しずおか > サッカーしずおか > 記事一覧 > 2018年の記事一覧 > 記事

ここから本文

サッカーしずおか

清水の選手ら静岡副市長に今季成績報告

◆「来季は優勝報告に来て」

報告した大榎克己GM補佐(右)、鄭大世選手(中)、金子翔太選手(左から2人目)=静岡市役所で

写真

 サッカーJ1清水エスパルスの鄭大世(チョンテセ)、金子翔太両選手と大榎克己ゼネラルマネージャー(GM)補佐が六日、静岡市役所を訪れ、小長谷重之副市長らに今季の成績を報告した。

 チームは五年ぶりの一桁順位となる八位。自身初の二桁となる10得点を挙げた金子選手は「今季は初めて全試合出場できた。来季は五位以内を目指す」と語った。けがで長期離脱し、終盤に復帰した鄭選手は「ベンチから試合を眺めることが多かった。強いエスパルスが戻ってきたので、貢献したい」と話した。

 小長谷副市長は「若手が育って、チームがかみ合っていて良かった。来シーズンは優勝報告をしに来て」と激励した。

(瀬田貴嗣)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索