トップ > 中日新聞しずおか > サッカーしずおか > 記事一覧 > 2018年の記事一覧 > 記事

ここから本文

サッカーしずおか

清水GM久米さん死去 試合会場で半旗と黙とう

 死去した久米一正さんを惜しむ声が24日、Jリーグの試合会場で聞かれた。

 清水は本拠地での神戸戦で半旗を掲げ、黙とうをささげた。今季限りで引退する兵働は「入団した時も久米さん。引退を決断する時も話した。あの人がいなかったら僕はここにはいない」と悔やんだ。

 FC東京の長谷川監督は2005年に抜てきされ、監督の道を歩み始めた。「久米さんがいたからこそ、やり続けることができた。いつも明るく引っ張ってくれた」と故人をしのんだ。

 久米さんが強化責任者として初優勝に導いた名古屋は、小西工己社長の「築いてこられたクラブの歴史を継承し、これからも『町いちばん』のクラブを目指し歩んでまいります」とのメッセージをホームページに掲出した。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索