トップ > 中日新聞しずおか > サッカーしずおか > 記事一覧 > 2018年の記事一覧 > 記事

ここから本文

サッカーしずおか

清水2−0名古屋 北川、頭で先制  

清水−名古屋 後半14分、ヘディングシュートを決める清水・北川(奥)

写真

 明治安田J1第32節最終日は10日、IAIスタジアム日本平ほかで8試合を行い、清水は名古屋を2−0で破った。

 清水が後半の2得点で快勝した。相手ペースで進んだ前半をしのぐと、後半14分に右からのクロスを北川が頭で合わせて先制。同20分にはドウグラスが加点した。名古屋は主導権を握った前半でリードできず、流れをつかめなかった。

 清水の日本代表FW北川は、この試合自身唯一のシュートを決め、勝利に貢献した。立田からのクロスをしっかり頭で合わせて先制点を奪い「頭で決めることはあまりないので自信になる。さらに磨きをかけたい」と目を輝かせた。

 10月のパナマ戦で途中出場し、代表デビューを果たした22歳のホープ。次の代表戦に向けて「アジア・カップ前の最後のテストだと思っている。結果にこだわってやっていきたい」と活躍を期した。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索