トップ > 中日新聞しずおか > サッカーしずおか > 記事一覧 > 2018年の記事一覧 > 記事

ここから本文

サッカーしずおか

磐田の桜内 あす湘南戦へ気合

◆「骨折してもピッチに」

湘南戦に備えて調整する磐田のDF桜内渚選手(左)=磐田市のヤマハ大久保グラウンドで

写真

 J1残留を目指すジュビロ磐田は、磐田市のヤマハ大久保グラウンドで、J1リーグ二十八節・湘南ベルマーレ戦(三十日・ヤマハスタジアム)に備えて調整している。DF桜内渚選手(29)にとってはJ1デビュー戦が湘南戦だっただけに、絶対に負けたくない戦いとなる。

 二〇一二年に入団した桜内選手は一三年四月の湘南戦で交代選手として出場し、4−0で快勝した。しかし、その後は六戦勝ちなしと苦しんでいる。桜内選手は「シーズン終盤のこの時期、湘南との相性が良いとか悪いとか関係ない。すごい肉弾戦となるだろう。僕はたとえ足を骨折してもピッチに立つ覚悟はできている」と決意を示す。

 現在、十一位の磐田と、J2降格枠の十七位G大阪との勝ち点差はわずか3。湘南戦は、MF山田大記選手(29)が警告累積で出場停止となっている。

(川住貴)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索