トップ > 中日新聞しずおか > 静岡けいざい > 記事一覧 > 2019年の記事一覧 > 記事

ここから本文

静岡けいざい

さわやか 袋井に新社屋完成

完成したさわやかの新社屋「本部総合センター」=袋井市宇刈で

写真

 「炭焼きレストランさわやか」を県内で三十三店舗展開するさわやか(浜松市中区)は十一日、袋井市宇刈の本社工場敷地内に建設していた新社屋「本部総合センター」の竣工(しゅんこう)式を現地で開いた。来年三月末までに本社の全部署を移転させ、本社所在地も一月中に袋井市に移す方針。

 新社屋には本部機能のほか、研修施設「トレーニングセンター」を整備。工場と同じ敷地に集約することで、各部門の円滑な意思疎通を図るとともに、パートを含めた社員教育を充実させるのが狙いだ。

 二階建て延べ約千二百平方メートルで、ガラス面を多くした明るく開放的な雰囲気が特徴。一階がトレーニングセンターと会議室、応接室などで、二階は事務所として使用する。

店舗と同じ客席を備えた研修施設「トレーニングセンター」を見学する出席者たち=袋井市宇刈で

写真

 トレーニングセンターには店舗と同じキッチン設備や客席を備え、実践的な教育を通じてさらなるサービスの向上を目指す。中区の本社に残っている営業や総務、店舗開発などの部署と社員約三十人は順次、新社屋へ移す。

 式には、原田英之市長ら市関係者と商工団体、取引先、地元自治会などの約五十人が出席。富田玲社長はあいさつで「互いの顔を見て議論し、仕事をする環境ができた。人材を育て、レストランのあるべき姿を追求していきたい」と述べた。

(土屋祐二)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索