トップ > 中日新聞しずおか > 静岡けいざい > 記事一覧 > 2019年の記事一覧 > 記事

ここから本文

静岡けいざい

気分はパティシエ 平出章商店が講習会場を提供

業務用オーブンが使用可能。一度に大量のクッキーを焼きたい人などに重宝されている=浜松市中区で

写真

 製菓材料・機器販売の平出章商店(浜松市東区)が、中区鴨江一の店舗「ヒライデホームメイドストア」の二階にある講習会場の一般貸し出しを始めた。プロ仕様のオーブンが備わり、一回(三時間)五百円と破格の使用料もあって利用者の評判は上々。クリスマスを前に、担当者は「親子や仲間同士でケーキ作りを楽しんでほしい」と呼び掛けている。

 学校の家庭科室を思わせる室内には、六台の調理台や六十種類に上る調理器具がずらり。数百万円はするという業務用オーブンは、上火と下火の温度を個別に設定できる投入口が三段あり、同時にさまざまな菓子やパンを焼ける。これらの道具が、事前に申請すれば全て自由に使える。

一般貸し出しを始めた講習会場。調理台や調理器具は自由に使用可能だ=浜松市中区で

写真

 これまで同社主催の菓子教室やプロ向けの講習会で使っていたが、頻度は月に一〜三回ほど。今年で創業七十周年を迎えたのを機に「食を通じて人と人とのつながりをつくる企業を目指す」と経営理念を掲げ、七月から一般開放を始めた。交流の場として活用してほしいと、使用料の設定は利益を度外視した。

 二十八日に友人五人と利用したパン教室講師の江川唯姫子(ゆきこ)さん(52)=袋井市=は「家庭のオーブンは扉を開けた瞬間に温度が下がってしまうけど、業務用だと冷めることなく焼ける。調理台も広くて便利だった」と満足そう。自宅で作るために一階の店舗で材料を買って帰る人もいたという。江川さんは十二月にも会場を予約している。

足りなくなった材料は1階の店舗で購入できる=浜松市中区で

写真

 担当者は「材料をすぐに補充できる便利さや、費用の安さが歓迎されている。仲間とお菓子を作るのに十分な広さがある場所は意外と少ない。みんなで楽しさを感じてほしい」と話す。

 一度に十五人程度まで利用可能。予約時は、店に置いてあるスケジュール帳で空き状況を確認してほしいとしている。貸し出す道具も事前に申請が必要。問い合わせはヒライデホームメイドストア=電053(454)7135=へ。

(鈴木啓紀)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索