トップ > 中日新聞しずおか > 静岡けいざい > 記事一覧 > 2019年の記事一覧 > 記事

ここから本文

静岡けいざい

きょう新装、えんてつダイニング 遠鉄百貨店

17年ぶりに改装された遠鉄百貨店のレストラン街=浜松市中区で

写真

 遠鉄百貨店(浜松市中区)は19日、本館8階のレストラン街を「えんてつダイニング」として新装オープンする。4月から営業を休止し、2002年以来、17年ぶりとなる大改装を進めていた。18日に報道関係者に公開した。

 改装では、催事場の一部を転用して従来の1.8倍の1130平方メートルに拡張。店舗数は2店増えて9店となった。うち8店が業態転換を含む新店舗で、焼き肉店「牛兵衛 草庵(そうあん)」、中華料理店「ディンズ バイ ジンディン ロウ」、そば店「越後 叶家(かのうや)」の3店が県内初出店。うなぎや浜松餃子(ギョーザ)といった地元名物を味わえる店も入った。

 浜松市内で12店目となるハンバーグ店「炭焼きレストラン さわやか」は、浜松駅から最も近い店舗となり、主に県外客の利用を見込む。さわやかの富田玲社長は「これまでは近くの店にバスやタクシーで行ってもらっていた。この店に県外のお客さんを集めることで、他店は地元のお客さんが利用しやすくなると思う」と期待した。

 宴会や夕食の需要を取り込むため、一部店舗を除いて営業終了時刻を午後9時から同11時に延長する。「酔っても駅に近いから帰りは安心」(遠鉄百貨店広報)という立地を生かし、各店は飲み放題コースなどを設けて夕方以降の集客を強化する。

 同百貨店の小室克彦専務は「浜松の中心市街地活性化のために集客し、街のにぎわいを取り戻したい」と話した。

(鈴木啓紀)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索