トップ > 中日新聞しずおか > 静岡けいざい > 記事一覧 > 2019年の記事一覧 > 記事

ここから本文

静岡けいざい

雑音をカット ヤマハが会議用スピーカーフォン

周囲の音をカットして声を明瞭に届ける新技術を搭載した遠隔会議用スピーカーフォン「YVC−330」=浜松市中区で

写真

 ヤマハは、持ち運び可能な遠隔会議用スピーカーフォン「YVC−330」を十一月下旬に発売する。仕切りがないオフィスでも、発言者の声を明瞭に届けられる新技術「サウンドキャップ」を搭載した。

 サウンドキャップは、本体に内蔵した三つのマイクが音の発生源の距離を高精度で推定し、一メートル以内の人の声だけを拾う「収音範囲制限機能」が特長。周囲の電話や会話の音声をカットし、会議室と同等程度の快適な遠隔会議ができる。

 人の声と雑音を識別し、発言者が話していない時は自動的にマイクを切る機能や、スピーカー音量の自動調整機能も備える。会話人数の目安は六人程度。

 スカイプなどのテレビ電話機能を使う際、パソコンやスマートフォンと接続して使う。本体は幅二三・五センチ、高さ四・六センチ、奥行き二二・六センチ、重さ八百グラム。税別六万円で、初年度に国内外で三万台の販売を目指す。

(鈴木啓紀)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索