トップ > 中日新聞しずおか > 静岡けいざい > 記事一覧 > 2019年の記事一覧 > 記事

ここから本文

静岡けいざい

スズキ 今秋から大阪でカーシェア実験

 スズキは三日、車を所有せず必要な時に利用する「カーシェアリング」の実証実験を大阪府豊中市で始めると発表した。カーシェア向けシステムを開発したIT企業のスマートバリュー(大阪市)、丸紅とともに今年秋から一年間、郊外の住宅地を舞台に日常生活での需要や利用方法を検証する。

 カーシェアは電動化や自動運転などと並ぶ次世代自動車の潮流の一つで、スズキが実験に取り組むのは初めて。国内では東京や大阪などの都市部を中心にサービスが展開されているが、駅近くの駐車場が使われることが多いため、郊外の住宅地にも需要があると見込んで実施を決めた。

 スズキ販売店のアリーナ豊中や豊中市内の駐車場に軽自動車など十数台を配置し、スマートバリューのシステム「Kuruma Base(クルマ・ベース)」を使ってスマートフォンのアプリで使用予約や車の解錠ができるようにする。予約した時間が過ぎると自動で施錠される。

 実験は丸紅の仲介で決まった。スズキは利用情報を分析することでカーシェアのノウハウを蓄積し、将来の事業化の可能性を探る。スマートバリューは開発したシステムの認知度向上を狙う。

(山田晃史)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索