トップ > 中日新聞しずおか > 静岡けいざい > 記事一覧 > 2019年の記事一覧 > 記事

ここから本文

静岡けいざい

「キャッシュレス」多彩に 遠鉄タクシーが決済端末導入

さまざまなキャッシュレス決済に対応するタブレット端末。遠鉄タクシーが9月から導入する=浜松市中区で

写真

 遠鉄タクシー(浜松市中区)は二十六日、キャッシュレス決済機能付きのタブレット端末を九月から来年一月にかけて、所有する全四百九十三台に導入すると発表した。同様の端末導入は県内のタクシー会社では初めてという。

 従来はクレジットカードとQRコード決済の「ペイペイ」だけだったが、新たにTOICA(トイカ)など交通系ICカード十種、WAON(ワオン)など電子マネー五種、Origami(オリガミ)ペイなどQR決済八種も使えるようになる。乗客は好みの決済方式を選べるようになり、乗務員は現金をやりとりする手間が省ける。

 決済端末は遠鉄タクシーの配車アプリを手掛けるジャパンタクシー(東京)の製品。助手席の背面に固定し、後部座席の乗客が希望する決済方式を画面にタッチして選ぶ。外国人観光客も使えるように英語と中国語、韓国語の表示に対応している。

 遠鉄タクシーによると、売り上げ全体に占めるキャッシュレス決済の割合は、現在9%。同社の丸山晃司社長は「タブレット端末の導入により半年間で5ポイント増やし、二〇二〇年度には20%台まで高めたい」と話した。 

(鈴木啓紀)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索