トップ > 中日新聞しずおか > 静岡けいざい > 記事一覧 > 2019年の記事一覧 > 記事

ここから本文

静岡けいざい

浜松駅の展示ブースが衣替え

(上)大型二輪車「カタナ」をスマートフォンで撮影する若者たち(下)アウトドアをイメージした人気モデルが並ぶスズキの展示ブース=いずれも浜松市中区のJR浜松駅で

写真

 今月から入れ替わったJR浜松駅東海道新幹線改札内の展示ブース。大ブース(五十四平方メートル)はスズキが四輪車や二輪車、小ブース(三十平方メートル)は河合楽器製作所がグランドピアノなどを並べ、一年間、ものづくりの姿勢をアピールする。

◆スズキ テーマはアウトドア

 スズキの展示はアウトドアがテーマ。スポーツタイプ多目的車(SUV)の要素を取り入れた軽ワゴン車「スペーシア ギア」と、小型車「クロスビー」の背景に森林の壁紙を配置し、キャンプを楽しむ様子を連想できるようにした。

 十九年ぶりに新型で復活した大型二輪車「カタナ」も披露。スズキの二輪車に乗っている常葉大四年の松尾倖大(こうた)さん(21)は「カタナを見る夢が駅で実現するとは。写真よりも格好良くて大きい」と語り、スマートフォンで撮影していた。

 このほか大型船外機「DF350A」も展示。いずれも湖西、浜松、相良の各工場で生産しており、広報担当者は「訪れた人に遠州産の製品と地元企業を知ってもらいたい」と語った。

◆河合楽器 高級ピアノ目玉

 河合楽器製作所は、今年で発売二十周年を迎えるグランドピアノ「Shigeru Kawai(シゲルカワイ)」シリーズの「SK−5」(税別四百万円)を中心に展示。壁面にはコンサートホールが描かれ、広告宣伝課長の伊藤裕之さんは「ステージにいるような感覚で演奏を楽しんでもらえる」と胸を張る。

ピアノを弾く動画を撮影する人のために設けられたスマートフォン用のスタンド

写真

 浜松でのコンテストを前に訪れた高校教員の三好遥奈(はるな)さん(26)=松山市=と星野志都(しづ)さん(49)=愛媛県今治市=は「欲しい音を忠実に出してくれる」と満足そうに話した。ピアノを弾く映像を撮影する人向けに、スマートフォン用のスタンドも初めて設けた。

 JR東海は「他の楽器の持ち込みや長時間の占有は控えてほしい」と呼び掛けている。

(山田晃史、鈴木啓紀)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索