トップ > 静岡 > 地域特集 > 静岡連載 > 記事一覧 > 2020年の記事一覧 > 記事

ここから本文

静岡連載

新型コロナニュース ピアノアカデミー中止 浜松市

新型コロナウイルスの対策本部会議で、市の方針を話す鈴木康友市長(中央)=浜松市役所で

写真

 浜松市は二十六日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、世界で活躍するピアニスト育成を目的とした短期講習「浜松国際ピアノアカデミー2020」(三月一〜八日)のプログラムを全て中止することを決めた。

 アクトシティ浜松(中区)を会場に、音楽監督のピアニスト小川典子さんら講師陣のオープニングコンサートや、才能のある若手が講師から学ぶ公開レッスンなどを予定していた。観客がいない形式のレッスンについても、担当者は「講師や受講者が国内外から訪れる。移動中の感染リスクもあるため中止を決めた」と説明した。

 チケットの払い戻し方法などはホームページで案内する。(問)市アクトシティ音楽院=053(451)1150

(原一文)

◆市長「感染防止へ団結」

 浜松市が二十六日に開いた新型コロナウイルスの対策本部会議で、市が示した対応方針はイベントの開催や学校・幼保育園、観光など各方面にわたった。三月十五日まで原則、中止か延期する方針を示した市主催のイベントについて、鈴木康友市長は「大変残念だが一致団結し、これ以上の感染拡大を招かないよう責務を果たしてきたい」と気を引き締めた。

 中止を決めたのは二十九日の「地域力・地域づくりを考える集い」(曳馬協働センター)、三月十二日の小和田哲男氏講演会とパネルディスカッション(常葉大とこはホール)など。市文化振興財団が二十九日〜三月十五日に開く催しも中止になり、対象は二十九日の桂文枝独演会(浜北文化センター)などで、チケットの払い戻し方法はホームページで案内する。

 学校や幼保育園の子どもが感染した場合の対応については、学校や園の全部か一部を臨時休校・休園にする。休校・休園期間は「保健所の指導助言のもと決定する」とした。学校や園の対応として、感染経路特定や濃厚接触者の特定に協力する。感染した児童生徒や園児には、治るまで「出席停止」の措置を取る。

 市保健所に設けた相談窓口には、一月二十九日〜二月二十五日に計九百六十五件の相談があった。「中国人と同じ部屋にいたので検査をしてほしい」「症例に当てはまる患者が来院した場合の対応は」といった相談が多く、多人数が集まるイベント開催の是非もあった。

(角野峻也)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索