トップ > 静岡 > 地域特集 > 静岡連載 > 記事一覧 > 2020年の記事一覧 > 記事

ここから本文

静岡連載

新型コロナニュース 裾野の五輪関連フェア中止

 国内で新型コロナウイルスの感染が広がる中、十九日もイベントの中止などの発表が相次いだ。

 日本マリン事業協会(会長・柳弘之ヤマハ発動機会長)は、横浜市で三月五〜八日に開催を予定していた「ジャパンインターナショナルボートショー」を中止する。毎年五万人超が訪れる国内最大のボートや船外機の見本市で、ヤマハ発やスズキをはじめ二百四十社・団体が新製品の展示や乗船体験などを予定していた。

 裾野市は、東京五輪二百日前の関連イベントとして二十三日に予定していた「サイクルフェア in SUSONO」を取りやめた。

 県東部を会場にロードレースなどの自転車競技が行われ、県内を聖火リレーが走ることから、機運を盛り上げようと計画された。ブリヂストンによる自転車講座、自転車競技のクイズラリーなどが行われる予定だった。同時開催の市のマスコットキャラクターの誕生会も中止する。両イベントで三千人を超える人出を見込んでいた。

 伊豆の国市は三月六〜十三日に市内で予定していたモンゴル柔道代表の強化合宿が延期になったと発表した。市によると、十八日にモンゴルチーム側から「感染を徹底的に防ぐ政府の方針で、合宿を四月下旬まで延期したい」などと連絡があった。

 合宿は四月下旬にウランバートルで開かれる国際大会に向け、男女代表選手とコーチら二十二人が参加予定だった。優秀な成績を収めた場合、東京五輪への道が開ける可能性もある大会という。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索