トップ > 静岡 > 地域特集 > 心のおと > 記事一覧 > 2019年の記事一覧 > 記事

ここから本文

心のおと

まだ見ぬ“心友”

京都で、たきいみきちゃん(右)と=友人撮影

写真

 10代の、特に女の子から「気の合う友達がいません。どうしたらいいですか?」というメールが届くことがあります。私は必ずこう答えます。「いつかきっと出会えるよ。楽しみだね」

 なぜそう言い切れるかというと、私自身がその一人だったからです。そして今の私には、大人になって出会った素晴らしい友人たちがいるのです。

 子供の頃、通信簿には毎回「もう少し協調性を」と書かれていました。それでも両親は、私を型にはめることは特にしませんでした。それが今の私につながり、私の友人たちにもつながっていると思うのです。友人たちの多くはやはり、通信簿に私と同じことを書かれていたと言います。

 つまり。子供の頃は分かり合える誰かが周りにいなくても、大人になって引き寄せ合うんです。感覚が近い者同士、ちゃんと出会うんです。一瞬で理解し合い、尊敬し合える。大人になって生まれる友情のすてきなところです。

 そんな友人の一人、劇団SPACに出演の俳優、たきいみきちゃんに会いに、京都へ行ってきました。彼女と出会ったのは5月。それでも長い間、一緒にいたように感じられる、心地よく刺激的な関係です。一緒に行った友人もまた、今年になって出会った人。不思議な縁とお互いの感覚で引き寄せられた仲間です。

 あの頃の私には想像もつかなかった友情です。だから「今、気の合う友達がいない」と感じている子がいたら、私はやっぱり伝えます。「いつか出会うよ。楽しみだね」と。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索