トップ > 静岡 > 地域特集 > イチ推し > 記事一覧 > 2019年の記事一覧 > 記事

ここから本文

イチ推し

撮影支援で町おこし15年 浜松の魅力全国へ

地元住民や観光客でにぎわう砂丘で撮影をするコスプレーヤーたち=浜松市南区の中田島砂丘で

写真

 何げなく見ている映画やドラマ、コマーシャル…。それ、もしかしたら地元の景色かも?。浜松市でのロケ誘致や撮影支援で地域おこしを目指す「浜松フィルムコミッション」が始まって十五年。レンズが捉えた浜松の魅力、きらりと全国に広がっています。

 よく晴れた三月下旬の日曜日の昼。観光客や地元住民の訪れる南区の中田島砂丘で、「パシャリ」とシャッターが切られた。

 「“ひらみ”すごい!」

 風で髪や服がひらめく様子を表す造語「ひらみ」を連呼したのは、愛知県などから訪れたコスプレーヤーたちだ。地元住民が浜松まつりに向けて凧揚げ練習に励むその数十メートル先で、アニメやゲームのキャラクターの衣装に身を包むコスプレ撮影会が開かれた。

「刀剣乱舞」のミュージカル曲「勝利の凱歌」のプロモーションビデオのロケ風景=浜松市北区の方広寺で(市提供)

写真

 遠州の風は凧も衣装も軽々と持ち上げ舞わせる。撮影を担当した写真家の芝内克佳さん(35)=名古屋市中村区=は「風があると動きが出て迫力ある写真になる。砂と衣装の色の兼ね合いも良い感じ」と満足げだ。

 通常はスタジオ撮影が中心。そんな芝内さんが、中田島砂丘を撮影地に選んだ理由は「大好きな『仮面ライダー オーズ』のロケ地だったから」。

 浜松の名所の中でも、ロケ地として絶大な人気を誇るのが、中田島砂丘だ。このほか、映画「新宿スワン」では中区の繁華街、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」では北区の滝や遺跡、天竜区の鍾乳洞などが撮影地となった。記憶に残る「あの場面」の舞台を見ようと、ロケ地巡りをする観光客も少なくない。

 北区引佐町の方広寺には最近、二十〜三十代の女性参拝者が増えた。きっかけは、日本刀を擬人化した人気ゲーム「刀剣乱舞」原作のミュージカル。曲の一つ「勝利の凱歌(がいか)」のプロモーションビデオが、オール浜松ロケだった。

 市や寺は撮影ロケ地だと広報しなかったが、本堂の様子から、ファンが場所を特定してネットで話題に。方広寺教学部長の巨島善道(おおしまぜんどう)さん(46)は「想像以上の反響」と話す。

 「方広寺に行ったらミュージカルチケットの抽選に当たった」とSNS(会員制交流サイト)でうわさが広がり、願掛けに来る参拝者も出てきたという。巨島さんは「来てくれた方は『浜松にこんな場所があったなんて』と気に入ってくれる。全国の人が浜松の文化に触れる入り口になってうれしいですね」と語った。

 今年初め、浜松でもロケをしたドラマ「MAGI−天正遣欧少年使節−」が、有料動画配信サービス「アマゾンプライムビデオ」から世界百八十カ国以上に配信された。魅力はさらに広がっていきそうだ。

 <浜松フィルムコミッション> 中田島砂丘の撮影の打診が多いことなどをきっかけに、市が2004年から事業を開始。年間の問い合わせは300件を超え、18年度の撮影支援件数は過去最高の182件となった。過去のロケ地情報や、エキストラ登録、コスプレ撮影会の依頼は、同名のホームページへ。

写真

大城愛(報道部)

 沖縄県本島出身の26歳。沖縄ロケの作品はだいたい、離島か海、そして「おばあ」に収まると思う。ところで、2018年公開の映画「羊の木」(吉田大八監督)が大好きで、先日、ロケ地の富山県魚津市を訪ねた。あまりの感動で、魚津通信局で働きたくなった。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索