トップ > 静岡 > 地域特集 > 地域がつなぐ仲間たち > 記事一覧 > 記事

ここから本文

地域がつなぐ仲間たち

住吉わっぱくらぶ(吉田町) 児童向けに多彩な催し

クワガタに夢中になる児童たち=吉田町の住吉会館で

写真

 農作物の植え付けや門松作り、ハロウィーンの仮装姿で福祉施設を慰問…。児童向けに多彩な催しを開く吉田町住吉小学校区の住民グループだ。近藤直久会長(69)は「世代を超えて地域の絆が深まり、交流の輪が広がってほしい」と語る。

 七月中旬の週末、地元の虫捕り名人・川本修巳さん(61)が講師を務める教室が住吉会館で開催された。人気の企画で、一〜三年の四十二人が参加した。

 川本さんはクイズも交え、クワガタとカブトムシの生態や育て方を解説。近隣の山で捕ったクワガタを長机に並べると歓声が上がった。児童は長机の周辺に集まり、「かっこいい!」とはしゃいだり、自分の腕にクワガタを乗せてじっくりと観察したりした。

 クワガタやカブトムシを一人一人に数匹ずつプレゼント。川本さんは「自分で責任を持って育て、命の貴さを学んでもらえたらうれしい」と目を細めた。

 住吉わっぱくらぶは約十年前に発足し、会員は四十〜六十代の十五人ほど。大半が仕事持ちで、日によっては少人数になることもあり、会員の確保が課題になっている。

 「次の世代にもつながっていくといいですね」と、副会長の三輪英樹さん(47)。催しに参加した子どもたちが将来、活動を引き継いでくれればと願っている。

(佐野周平)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索