トップ > 中日新聞しずおか > 静岡写真ニュース > 記事

ここから本文

静岡写真ニュース

淡い紅紫色の花 伊東小室桜の母樹が見ごろ

淡い紅紫色の花をパッと咲かせて見ごろを迎えた伊東小室桜=伊東市の萩原農園で

写真

 伊東市吉田にある萩原農園=萩原直義さん(76)経営=で、早咲き種のサクラ「伊東小室桜」の母樹が見ごろを迎えた。

 伊東小室桜は、萩原さんが一九八八年に市内の小室山斜面で見つけた。大島桜と寒緋桜(かんひざくら)との雑品種で、花が四〜五センチと大きく、淡い紅紫色の花をパッと咲かせるのが特徴だ。

 萩原さんが農園の大島桜に接ぎ木して育てた母樹は、高さ七メートル、葉張り七メートルになった。この母樹をもとに、苗木を接ぎ木で増やし、県内外に約二千本を植えている。

 萩原さんによると、今年の開花は例年に比べて十日ほど早く、見ごろは二月下旬ごろまでという。(問)萩原農園=0557(45)0321

(杉本三佐夫)

 

この記事を印刷する

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索