トップ > 中日新聞しずおか > 静岡写真ニュース > 記事

ここから本文

静岡写真ニュース

協働ロボット ヤマハ発参入

人間の指に触れることで動きが止まる協働ロボット。ヤマハ発動機が新たに市場投入を狙う=東京ロボティクス提供

写真

 ヤマハ発動機は二十一日、人間と同じ空間で安全に作業する「協働ロボット」の分野に参入すると発表した。研究開発を行う早大発ベンチャーの東京ロボティクス(東京)に二億円を出資し、市場投入と量産に向けた技術交流を進める。より人間に近い柔軟な動きができる商材をロボット製品に加え、産業用機械の事業領域を広げる。

 ロボ社は早大理工学術院非常勤講師を務める坂本義弘社長が二〇一五年に設立。社員八人、資本金千四百四万円。人間の腕に似た関節を持つ協働ロボットを大学や企業の研究向けに販売し、人間の上半身のように二本の腕や指を備えた次世代型の実用化も目指している。ヤマハ発は将来性を見込み、「転換社債型新株予約権付社債」を引き受ける形で今月末に出資する。

協働ロボット分野への参入を発表するヤマハ発動機ロボティクス事業部の小林一裕先行開発部長=浜松商工会議所で

写真

 ロボ社の協働ロボットは、近くにいる人間にけがをさせないために、動作中に人に接触するとセンサーが感知して瞬時に自動で止まる技術を採用する。ヤマハ発が手掛ける従来のロボットと異なり、労災防止用の柵で仕切る必要がなく、省スペース化が期待できる。ヤマハ発はロボ社の技術を採り入れ、協働ロボットの開発につなげる。

 ヤマハ発によると、協働ロボットは人手不足解消や作業の高度化に向け、先進国のほか新興国でも需要が増加。一八年の世界の市場規模は六百億円で、二五年には四千百億円に成長すると見込まれる。

 浜松市内で記者会見したロボティクス事業部の小林一裕先行開発部長は「従来の産業用ロボットと同様の市場に成長する。(ロボ社と)協力することで事業拡大を補完できる」と語った。

(久下悠一郎)

 

この記事を印刷する

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索