トップ > 中日新聞しずおか > 静岡写真ニュース > 記事

ここから本文

静岡写真ニュース

願い事さまざま 笠井観音で「だるま市」

大小さまざまなだるまが並ぶ市=浜松市東区笠井町の福来寺で

写真

 笠井観音として親しまれている浜松市東区笠井町の福来寺で10日、新春恒例のだるま市が開かれ、多くの客でにぎわった。

 境内では、大小さまざまなだるまを取りそろえた露店が並び、参拝者は好みのサイズを買い求め、商売繁盛や家内安全などの願いを込めて本堂で祈願した。

 イベントも境内で開かれ、笠井小6年生の約100人は地元歌手の石野裕子さんが作曲した「だるま市の詩(うた)を披露。笠井幼稚園の年長児が描いただるまの絵や、笠井中生徒の書道作品を展示したほか、浜松東高校商業科の生徒が地元菓子店と商品開発した7色の「だるまんじゅう」を販売し、市を盛り上げた。

 笠井だるま市保存会の田村滋治会長(76)は「地元の子どもたちが勢ぞろいし、地域一帯で開けたことがうれしい。今年も多くのにぎわいがあってありがたい」と話した。

 だるま市は、1891(明治24)年の初市で旅商人がだるまを売ったのが始まり。例年、約1万人の人出があるという。

(坂本圭佑)

 

この記事を印刷する

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索