トップ > 中日新聞しずおか > 静岡写真ニュース > 記事

ここから本文

静岡写真ニュース

浜松でカレー食べ「御朱印」集め

◆若者団体 中心街活性化へ

「はままつカレー御朱印帳」をPRするメンバーら=浜松市中区で

写真

 浜松市の若者でつくる団体「浜松若者社中」は一月一日から、市内の中心市街地にあるカレー店と協力し、「はままつカレー御朱印帳」と銘打ったスタンプラリーを繰り広げる。カレーを通じて浜松の魅力を発信し、街中の活性化につなげる。二月二十九日まで。

 協力するのは、いずれも中区の「&CURRY」「ララカレーハママツ」「カルダモン」「アジアンレストラン ガルーダ」「カレーハウス ブータン」「ロサンアジアンキッチン」の六店舗。スリランカカレーやカツカレー、インドカレーなど違う種類が楽しめる。

 参加するには無料通信アプリのLINE(ライン)が必要。指定のQRコードを読み込むと準備が完了する。アプリ内のショップカードという機能を立ち上げ、各店舗で食後に指定のQRコードを読み取るとポイントが付与される。三ポイントたまると、四店舗目でドリンクや大盛り、トッピングの無料といったサービスを受けられる。

 浜松若者社中は市内の二十五歳以下の若手起業家や社会人、学生ら十人ほどの組織で二〇一六年から活動する。会合を月に一回開き、街中を盛り上げるアイデアを練る。本企画はメンバーの一人で浜松学院大現代コミュニケーション学部四年の鈴木崇斗(たかと)さん(21)=東区=が考案した。

 愛知県岡崎市を訪れた際、こだわりのかき氷を地元店舗が提供するイベント「おかざきかき氷街道」で、スタンプラリーが実施されていたのを見て着想したという。鈴木さんは「浜松はカレー屋さんが多い。好みにあったカレー屋さんを見つけて、新たな浜松の魅力を感じてほしい」と参加を呼び掛ける。

 (問)浜松若者社中=hamawaka.stamp.curry@gmail.com

(鎌倉優太)

 

この記事を印刷する

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索