トップ > 中日新聞しずおか > 静岡写真ニュース > 記事

ここから本文

静岡写真ニュース

浜松の画家・池谷さん 井伊谷宮に干支「子」奉納

油絵を奉納する池谷さち子さん(中)=浜松市北区の井伊谷宮で

写真

 浜松市中区東伊場の画家池谷さち子さん(52)が、来年の干支(えと)「子(ね)」にちなんでネズミを描いた油絵を、同市北区引佐町井伊谷の井伊谷宮(いいのやぐう)(岡部和弘宮司)に奉納した。三十一日から、来年二月三日の節分まで拝殿前に飾られる。

 油絵はF40号の大作で、家族愛と子孫繁栄をテーマにハツカネズミ二十匹を描いた。横浜市西区の野毛山動物園まで行って表情などをつぶさに観察した。金色の背景は、来年開催される東京五輪・パラリンピックで金メダルをたくさん取ってほしいとの願いを込めたという。池谷さんは「今年は災いが多かったので、来年は穏やかになってほしいですね」と話した。

 岡部宮司は「参拝客の子孫繁栄につながる縁起のいい作品」と感謝の意を表した。

 井伊谷宮では初詣客の幸福や開運を願い、十年ほど前から毎年地元の画家に干支にちなんだ絵の制作を依頼しており、池谷さんが奉納したのは五回目となった。

(高柳義久)

 

この記事を印刷する

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索