トップ > 中日新聞しずおか > 静岡写真ニュース > 記事

ここから本文

静岡写真ニュース

浜名高校旗 63年ぶり一新

新しい校旗を紹介する(左から)福田幹男同窓会長と戸田秀一後援会長=浜松市浜北区の浜名高で

写真

 浜名高校(浜松市浜北区)の校旗が六十三年ぶりに一新された。二十一日の同校二学期終業式で披露され、生徒らが愛校心を高めた。

 同校の同窓会(福田幹男会長)と後援会(戸田秀一会長)が製作し、寄贈した校旗は西陣織で縦〇・八メートル、横一・二メートル。校歌でうたわれる「遠の湖ばら」を象徴する青色の地に、波や船を表す校章が金や白で刺しゅうされている。

 式では福田、戸田両会長が、三科真弓校長と武田和真生徒会長に引き渡した。三科校長は「新しい校旗の下で、社会に有為な人材の育成や、生徒たちの志の実現のために努力します」と感謝の意を表した。武田生徒会長は「文武両道を目指しながら、校旗の金色のような、輝く高校時代を過ごす」と誓った。

 これまでの校旗は一九五六(昭和三十一)年、詩人の三好達治さんが校歌を作詞した際に作られた。

(宮沢輝明)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索