トップ > 中日新聞しずおか > 静岡写真ニュース > 記事

ここから本文

静岡写真ニュース

宮藤さんら浜松でトーク 大河「いだてん」

トークショーを終え、来場者と記念撮影する(左から)宮藤官九郎さんと松坂桃李さん=浜松市中区で(市提供)

写真

 NHK大河ドラマ「いだてん」が十五日に最終回を迎えるのを前に、八日、出演者の松坂桃李さんと脚本担当の宮藤官九郎さんによるトークショーが浜松市中区の浜松市立高校であった。主人公・田畑政治(まさじ)さん(浜松市出身)の人柄や撮影の裏話で盛り上がり、来場者千四百人が楽しんだ。

 松坂さんは日本オリンピック委員会(JOC)常任委員の岩田幸彰(ゆきあき)さん役。五輪誘致に奔走する田畑さんを支える右腕として活躍する。松坂さんは「いろいろなものを受け継ぎ、バトンをつないでやってきた。達成感があった」と撮影を振り返った。

 田畑さんについて松坂さんは「この人の下で働いたら楽しいだろうなと思う。めちゃくちゃなところもあるけど、それゆえ魅力的」と評した。宮藤さんは「はっきり思ったことを言える気持ち良さがうらやましい。今は言える人が少ない。浜松って田畑さんみたいな人が多いんですかね」と会場に問い掛け、笑いを誘った。

 二人は来場者の質問にも答えた。来年の東京五輪・パラリンピックに絡み「もし今まーちゃん(田畑さん)が生きていたら、どんなせりふを用意するか」との質問が飛ぶと、宮藤さんは、マラソンが東京から札幌開催に変更された点に触れ、「『これって札幌オリンピックじゃんねー』じゃないですかね、やっぱり」と返し、会場を盛り上げた。

 トークショーは放送開始後から全国で開催。今回は最後を飾る「グランドファイナル」として浜松で開催された。市によると、この日のイベントには約一万三千人の応募があり、競争率は九倍だった。

(篠塚辰徳)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索