トップ > 中日新聞しずおか > 静岡写真ニュース > 記事

ここから本文

静岡写真ニュース

寅さん実家の団子店 ミニチュアで再現

◆鎌田さん湖西で展示

「くるまや」のミニチュア映画セットを作った鎌田充さん=湖西市鷲津で

写真

 映画「男はつらいよ」シリーズの主人公、寅(とら)さんこと車寅次郎の実家の団子店「くるまや」を再現したミニチュア映画セットが、湖西市鷲津の和菓子店「ひので軒」で展示されている。シリーズの大ファンという同市新所の鎌田充さん(68)が二年がかりで、店の中の家具や雑貨まで丁寧に作り込んだ大作だ。十二月二日まで。

 鎌田さんは、寅さんを演じた渥美清さん(一九二八〜一九九六年)の没後二十年を機に、ミニチュアの制作を始めた。東京都葛飾区柴又にある「寅さん記念館」の撮影スタジオで撮った写真を参考に、木材や竹ひごなどで組み立てた。畳は枯れた松葉を並べ、浜名湖岸で拾った流木を梁(はり)に使うなど、材料にも工夫が光る。団子は紙粘土を丸めて作り、二階や庭まで再現している。団子店つながりで、団子も販売するひので軒で展示することにした。

 自身も、「スカーレット」「まんぷく」「陸王」「新宿スワン」といったドラマや映画のエキストラとしてさまざまな作品に出演している鎌田さん。十二月に公開予定のシリーズ五十作目「お帰り 寅さん」のエキストラには抽選で外れたものの、撮影風景は見に行ったという。「あてもなく各地を旅し、人情味あふれる寅さんの生きざまは憧れ。背中で語る演技もぐっと心をつかまれる」と魅力を語る。「細かいところまで再現したので、場面を思い浮かべながら見てもらえたら」と話している。

(片山さゆみ)

 

この記事を印刷する

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索