トップ > 中日新聞しずおか > 静岡写真ニュース > 記事

ここから本文

静岡写真ニュース

湖西・鈴木さん宅軒先 干し柿480個ずらり

並んだ干し柿を見上げる(右から)鈴木広次さんとシヅエさん=湖西市吉美で

写真

 湖西市吉美の鈴木広次さん(71)宅に四百八十個の干し柿がずらりと並び、通行する人やドライバーを楽しませている。週明けごろまでつるすという。

 直径三〜五センチほどの小ぶりな柿がビニールひもに結ばれ、駐車場に取り付けた物干しざおに整然と並んでいる。鈴木さんが、知り合いの同市大知波に住む藤井守さんから柿をもらい、妻のシヅエさん(72)と一緒に手作業で皮をむいた。かびが生えないように焼酎に浸した後につるしたという。

 広次さんは「今は干し柿を作る人がほとんどいないので、物珍しそうに見る人も多い。渋さが抜けた後の程よい甘さを味わうのが楽しみ」と話している。

(片山さゆみ)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索