トップ > 中日新聞しずおか > 静岡写真ニュース > 記事

ここから本文

静岡写真ニュース

光の地上絵、名曲と 掛川でイルミネーション

「花・四季の彩り」をテーマにしたイルミネーション=24日、掛川市のつま恋リゾート彩の郷で

写真

 掛川市満水(たまり)のリゾート施設「つま恋リゾート彩(さい)の郷(さと)」で二十四日、冬の風物詩「サウンドイルミネーション」の点灯が始まった。二百万球の発光ダイオード(LED)を使い、バラやサクラの花々をはじめ、小川や星をイメージした光の地上絵が、音楽に合わせて夕闇に浮かび上がった。点灯状況を確認し、二十六日から一般営業を始める。

 「花・四季の彩り」がテーマ。クリスマスソングやポップスの人気曲などに合わせてレーザービームが動く。光のゲートをくぐるとシカやリス、ウサギをかたどった動物たちが出迎え、奥でハートが明滅するエリアが新たに設けられた。

 一般営業は来年六月末までで、日没後から午後九時まで点灯する。入場料は時期によって異なり、大人八百〜千三百円、小学生四百〜七百円、幼児は無料。問い合わせは、つま恋リゾート彩の郷=0537(24)1111=へ。

(赤野嘉春、写真も)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索